検索する

会社概要

ページビュー数:
蓉胜公司

珠海蓉勝超微細ワイヤー有限公司は、広東蓉勝超微細ワイヤー株式会社(賢豊ホールディングス)の控股子会社です。会社は超微細および特殊エナメル線を研究開発、生産、販売する国家ハイテク企業であり。「蓉勝RONSEN」は世界的に有名なブランドです。

蓉勝超微は1985年に設立され、本社が珠海国家ハイテク区三灶科学技術工業パークに位置しており、香港とマカオに隣接しています。会社の登録資本金は20595万元で、敷地面積は13万平方メートルで、従業員数は1000人以上です。超微細および特殊エナメル線の年間生産量は1万8000トンで、年間売上高は十数億元です。

蓉勝超微は2007年7月に深圳証券取引所に上場し(株式コード002141)、嘉興蓉勝などの完全所有および持株会社を多数持っています。2016年から、大株主と取締役会の戦略的指導に基づき、蓉勝は3つの5年間計画を策定しました。すなわち、今後の15年間に、生産、販売、収益、生産効率と経営業績の継続的な倍増を実現する同時に、巨大な資金を投入し、製品の技術革新と将来性のある環境に優しい新たな設備を研究開発し、クリーンな生産を実現します。

蓉勝超微はハイエンド市場の発展ニーズを満たすために、2018年に華東の安徽省に製造工場を設立しました。工場の敷地面積は30,000平方メートルで、微細エナメル線の年間生産量が9000トン以上です。製品はハイエンドの顧客を対象として、「製品品質オンライン監督」や「生産管理プロセス監督」などの現代的な生産管理システムを備えています。製品品質の一貫性を保証します。

蓉勝超微は微細エナメル線の専門的なメーカーとして、製品は5種類の異なる塗膜と自己融着線を含めています。導体は無酸素銅と低酸素銅のほかに、銅&シルバー、銅&亜鉛、銅&錫などの様々な合金エナメル線もあります。異なる地域の顧客のニーズに応じて、会社は様々な巻き取りスプールを提供し、顧客の超高速巻き取り速度の要求を満たすようにします。

蓉勝超微は、ISO 9001品質管理システム、ISO 14001環境管理システム、IATF 16949自動車品質管理システム、ISO / IEC 17025試験所管理システム、ISO 10012測定管理システムの認証を取得しました。

製品に対する顧客の異なる応用ニーズを満たすために、会社は宏発作業場、畢勤作業場、美蓓亚作業場などを設立する同時に、4.0作業場を設立し、ワイヤ分野で国際的にリードするドイツニーホフの大中型巻取機を導入します。ワイヤ径は10 mmで、完成品の直径は最小で0.0125 mmに達することができます。特に機械産業、電力産業と情報産業に使用されています。

会社は製品技術の研究開発を非常に重視し、専門研究開発チームを設立しました。また、研究開発を担当する独立子会社「蓉勝電子材料研究院有限会社」を設立しました。それに属するテストセンターは、CNAS(ISO 17025)管理システム認証に合格しており、内部と外部の顧客に全面的で専門的なエナメル線分析サービスを提供することができます。

「中国製造2025」の背景に、会社は自動化、スマート化、情報化のハイエンドで柔軟な生産モードに積極的に取り組んでおり、無人作業場を創設し、従業員に生活を楽しみながら、楽な製造方式を体験させます。 細分分野のリーディング企業として、私達は自身の発展を重視する同時に、国家の戦略的イニシアチブ及び、市、区政府の専門的な政策指導を正確に把握し、積極的に社会的責任を担い、エナメル線の分野で最初のグリーン企業を作り出し、業界のグリーンで健全な発展をリードする使命を担当しようとしています。