検索する

エナメル線張力表

ページビュー数:

巻き取り作業用安全張力対照表(エナメル銅丸線)

導体径(mm)

張力(g)

導体径(mm)

張力(g)

0.020

3.5

0.200

272.0

0.025

5.5

0.210

298.0

0.030

9.0

0.220

323.0

0.040

13.5

0.230

350.0

0.050

20.3

0.240

380.0

0.060

29.0

0.250

410.0

0.070

40.6

0.260

438.0

0.080

50.0

0.270

470.0

0.090

62.6

0.280

505.0

0.100

78.0

0.290

535.0

0.110

93.0

0.300

565.0

0.120

108.0

0.320

635.0

0.130

125.0

0.350

746.0

0.140

143.0

0.370

820.0

0.150

161.0

0.400

950.0

0.160

181.0

0.450

1160.0

0.170

203.0

0.500

1400.0

0.180

225.0

0.550

1650.0

0.190

248.0

0.600

1930.0

注:常に最良の安全対策をすべて実行し、ワインダまたは他の機器製造元の安全ガイドラインに注意を払ってください。

 

使用上の注意USAGE NOTICE

 

1、不適合による使用不可能を避けるために適切な製品モデルと仕様を選択するために製品概要を参照してください。

2、商品を受け取るときは、分銅と外側の梱包箱がつぶれているか、損傷しているか、穴が開いているか、変形していないかを確認してください。 起こった。

3、保管中の保護に注意し、金属などの硬いもので傷つけたりつぶしたりしないように注意してください有機溶剤、強酸、アルカリと混ぜないでください。 未完成品の場合は、ネジ山の端をしっかりと梱包して元の梱包に保管してください。

4、エナメル線は、ほこり(金属ほこりを含む)から離して換気された倉庫に保管し、高温多湿を避けて保管してください。

5、エナメルボビンを外すときは、右手の人差し指と中指でリールの上端板の穴を引っ掛け、左手で下端板を支えますエナメル線に直接手を触れないでください。

6、巻き取り作業中は、ワイヤの傷や溶剤の混入を防ぐためにボビンをできるだけペイロードフードに入れ、ラインの引き上げ作業中は安全張力ゲージに従って巻き取り張力を調整し、張力が大きすぎて引っ張られないようにします。 発生し、同時にワイヤーと硬い物体の間の接触を避け、その結果、塗膜を損傷しそして短絡をもたらす。

7、溶剤接着自己接着溶剤の濃度と量(メタノールと無水エタノールを推奨)に注意するとき、ホットメルト接着自己接着は熱風ダクトと金型の間の距離と温度調整に注意を払うべきです。